以外となじみ深い国旗が多いアジア諸国の国旗をトレース

日本や中国、韓国などの一群とフィリピンやベトナムなどの東南アジアそしてインドなどの中東寄りの国々と大きく分けられる。世界が中国に工場などを置くことにより一躍先進国の仲間入りを果たした訳だが、現在では人件費も高くなり市場は東南アジアに目を向け始めている。おそらく中国と同じように発展していくのではないだろうか。

世界の天気を耳にすると赤道付近に位置するシンガポールなどは年間通して気温が30度近くあり、半袖以外の服装は必要ないそうで湿気も多いようだ。それに比べれば四季のある日本や近隣の国々は暮らしやすいだろう。インドや東南アジアには非常に古い遺跡や文化が残っている印象が強い。アジア諸国の中でも宗教的な進行が強く、ガンジス川で体を清める映像がそれを物語っている。※以下の各画像をクリックするとダウンロードされます。

北朝鮮
北朝鮮
ラオス
ラオス
モンゴル
モンゴル
モルディブ
モルディブ
ミャンマー
ミャンマー
マレーシア
マレーシア
ベトナム
ベトナム
ブルネイ
ブルネイ
ブータン
ブータン
フィリピン
フィリピン
東ティモール
東ティモール
バングラデシュ
バングラデシュ
パキスタン
パキスタン
ネパール
ネパール
日本
日本
中華人民共和国
中華人民共和国
大韓民国
大韓民国
タイ
タイ
スリランカ
スリランカ
シンガポール
シンガポール
カンボジア
カンボジア
インドネシア
インドネシア
インド
インド