サバンナのイメージがあるけど以外と都市化が進むアフリカの国旗素材をトレース

海外に旅行へ行ったことがなければ、アフリカのイメージは大平原のサバンナに野生の動物が暮らすイメージ。
実際には伝統的な暮らしをしている都市は年々縮小されて、結構都市化が進んでいるのが現実。昔赤い衣装で飛び跳ねていたマサイの戦士がケータイを使いながら商売をしているのを見たときは驚いた。当然、地域によっては内戦が続いたり飢饉が流行ったりと文化レベルの違いが同じ地域内でもあり、アフリカ諸国全体では経済的水準が上がっていても地域レベルで見れば格差が未だに大きいのも現実である。

そんなイメージが変わりつつあるアフリカ諸国の国旗は使われている色が草原の緑とか地の赤など原色系が多く、国旗だけ見ているとこれまで自然と共に暮らしてきた彼らの暮らしが伺い知れる。国旗を見ればその国や地域の歴史や成り立ちを知ることができて想像力がふくらむ。※以下の各画像をクリックするとダウンロードされます。

16
16
15
15
14
14
13
13
12
12
11
11
10
10
9
9
8
8
7
7
6
6
5
5
4
4
3
3
2
2
1
1